ピロリ菌から胃を守るために

飲料水からピロリ菌に感染する場合もある

飲料水からピロリ菌に感染する場合もある ピロリ菌は口から感染しますが、どのような経路で口から侵入してくるのかというと、その一つが飲料水です。
蛇口の周辺のぬるぬるした部分などに雑菌が繁殖しやすく、その中にピロリ菌も存在しています。
そのような雑菌が繁殖した飲料水を飲むことによって感染してしまうわけです。
ただ、現在の日本国内の水道水は殺菌消毒がしっかり行われているので、それほど心配する必要はありません。
問題なのは、まだ衛生的に遅れていた時代に感染し、胃の中に定着してしまったケースです。
50歳以上の方の7割近くがピロリ菌に感染していると考えられています。
そのまま放置していると、胃もたれや吐き気、胃炎や潰瘍、最悪の場合は胃がんに発展する可能性もあります。
心配な方は、医療機関で調べてもらうことをおすすめします。
ピロリ菌に感染しているかどうかはすぐにわかります。
感染していることが分かった後は、薬で治療を行っていきますが、根治させることは可能です。

ピロリ菌の除菌による副作用

ピロリ菌が胃の中にいることによって胃の不具合が起こることがわかっています。
そのため少しでも胃の調子が悪かったらまずはピロリ菌の検査を受けることが望ましいです。
検査のやり方も、昔は胃カメラをやって組織をとって検査をしなければなりませんでしたがいまは、検査容器に息を吹きかけてできたり、血液検査でもある程度の可能性がわかるようになっているので、手軽に検査ができるようになりました。
ピロリ菌の検査をやって菌がいるとわかったら速やかに除菌をしたほうがいいです。
除菌の仕方は簡単で薬を1週間程度のむだけです。
保険適用ですから比較的に安くできます。
副作用としては下痢をしたり便が緩くなることが多いです。
それ以外は人によっては吐き気を感じる人もいますがとくに大きな副作用は報告されていません。
ただ、下痢があまりにもひどいなど症状がつらいときには、医師と相談をすることが必要です。
薬を飲み忘れないことがとても大切なことです。