ピロリ菌から胃を守るために

ピロリ菌の増殖を抑えるヨーグルトがあります

ピロリ菌の増殖を抑えるヨーグルトがあります ピロリ菌に有効な食べ物にヨーグルトがあります。
ヨーグルトはビフィズス菌があり、人の腸内に潜んでいて有用な働きをする善玉菌になりますが、ピロリ菌には効果は期待できません。
除菌効果が期待できる乳酸菌はLG21です。
LG21はビフィズス菌と同じ乳酸菌ですが、属性が異なるため効果にも違いがあるのです。
LG21乳酸菌で、胃酸に強いピロリ菌であっても、乳酸菌のLG21の出す乳酸には弱いのです。
さらにLG21のような乳酸菌は、ピロリの繁殖に必要な栄養と居住空間を奪い死滅させるのです。
LG21の特徴は、低栄養でも高い増殖力があり、栄養の少ない胃の中でもしっかりと乳酸を生かすことができ、強酸性の環境の胃でもLG21は耐酸性に優れて胃酸にも強く、薬ではないため副作用がなく、アレルギーなどの抗体もありません。
腸の働きを良くする効果を期待するためにヨーグルトを摂取しますが、LG21の配合されたタイプを摂取すればピロリ菌の増殖を抑えることが可能なため、積極的に摂取すべきです。

ピロリ菌の除菌成功率とは

ピロリ菌は、胃の中に棲みつき、慢性胃炎や胃潰瘍などの病気を引き起こす可能性のある細菌です。
日本人の約半数は菌を保持していると言われています。
通常、胃は、胃酸に守られているので、細菌が生き続けるのは難しい状態なのですが、ピロリ菌は特殊な酵素を持っているので、一度、感染すると、胃の中で長い間生き続けることが出来ます。
検査でピロリ菌が見つかった場合、除菌する必要があります。
除菌には、2種類の抗生物質と胃の分泌を抑制する薬を一週間服用することになります。
初回の治療での除菌の成功率は約8割です。
最近は、抗生剤に対する、耐性菌増加しており、除菌の成功率が下がってきています。
もし、失敗してしまった場合には、再び除菌する必要があります。
原因として、クラリスロマイシン耐性菌である可能性が高いので、除菌を成功させるために、薬剤の組み合わせを変えていく事になります。
この2次除菌を含めればほとんどが、ピロリ菌除菌に成功しています。